ウクライナでの血液循環療法セミナーレポート

2015年11月24日モジャリ村学校を訪問、午後から「血液循環療法のセミナー」を講堂でやりました。

 参加者は、モジャリ村学校校長以下教職員、村長、父兄、土壌研究者のニコライ博士(ウクライナ生物資源環境利用国立大学研究所)、タチアナさん(現地市民団体「希望」代表・地方議会議員)など20数名。

 最初に、血液循環療法の理論と基本実技を簡単に説明して、「悪いところにはシコリがあり、そこの循環を良くすればすぐに痛みが取れます。では、本当に取れるどうかやってみましょう。」といって、「今、痛みがある人は出てきてください。」というと、肥満気味の68歳の女教師が「膝が痛い」といって出てきてくれました。そこで、ベットにあおむけになってもらい、痛みのある場所を触診すると、圧痛性のシコリがありました!「では、循環を良くします。」といって、「ジワー・パッ」をやり、その場で痛みを取りました。「では、立ってしゃがんでみてください。」「アラー・痛くないワ!」で大喝采。拍手です。では、もう一人。

すると白いセーターの女教師が「首が痛い」と訴えて出てきました。やはり首が凝っていましたのでやり方を解説しながらすぐに軽くしました。

今度は、「腰が痛い」と訴えるので、うつぶせにして「ここが痛いでしょ?」「そこです。」「では治します。」と言って、「ジワー・パッ」すぐに痛みが取れました。では「立って確認してください。」「アラー・痛くない!!」「ハラッショ―!」「プラシーバ」と大成功。

 最初半信半疑なのか硬い表情だった参加者も、興味を示してだんだん乗ってきました。そこで、実技練習です。お互いに肩で押圧の練習をしてもらいながら、私が全員の肩を押圧して、圧度や指の離すタイミングを体験してもらいました。皆さん、私が肩を押圧すると大変気持ちがいいと喜んでいました。日本と同じです。

 次に、自己治療のやり方を頚、肩、腰、お腹の部位で説明しました。

やり方を紹介した「DVDブック・押圧メソッド」とオールカラー写真で紹介した「血液循環健康法」と「血液循環療法入門」を校長に渡し、セミナーを終えました。終わってから、私も治療してほしい、と寄ってこられまた治療しました。

胃の悪い女性の治療
胃の悪い女性の治療

血液循環療法セミナー動画